こんにちは、しゅんteaです。

 

みなさんは普段人に何かを伝えるとき

何を意識していますか??

 

 

例えば、人に何かを頼むとき。

 

 

相手の機嫌を損ねないように

下から目線で頼む??

 

 

困っていることをアピールする?

 

 

相手への伝わり方はあまり気にせずに

丁寧な言葉を使う??

 

 

人に何かを頼むときには

相手にお願いを受け入れてもらうために

少なくとも、何かしら考えて伝えているはずです。

 

 

でも、根本的に考えてみてください。

なぜ僕たちは言葉や態度を考えて人に伝えるのでしょう。

 

 

それは、

「言い方によって伝わり方は無限に変わるから」です。

 

 

人に良い言い方をすれば

相手も心地よいし、自分も得をします。

 

 

一方で、悪い言い方をすれば

相手は自分に対して嫌悪感を抱くし、

それによって自分も損をすることになってしまいます。

 

 

今日は、「ものの言い方、伝え方」について

お話ししていきたいと思います。

 

 

人への伝え方が上手くなれば、

日々の小さいストレスも減るし、

周りの人からの評価、好感度も上がります。

 

 

結果的に信頼度が上がり

仲も更に深まっていくでしょう。

 

 

ぜひ、今後の生活に活かしてほしいと思います。

 

 

 言い方で損をし続けてしまっている友人T 

 

 

僕の友人でいつも

自分の意見を正当化、肯定する友人がいます。

それに加え、口調もどこか攻撃的なのです。

 

 

どんな感じかというと

「ねー、これってどういうこと?」と聞いてきたので

「○○だよー。」と答えると、

 

 

「え、違くね。△△じゃねーの!?」と

相手の意見を否定してしまうのです。

 

 

教えてあげる方からすれば

「せっかく教えてあげたのに、そんな風に言われたら、

もう教えたくないなー」と思ってしまいますよね・・・

 

 

じゃあ、この友達は

どういう言い方をすれば良かったかというと

 

 

「まじか。なるほどね!でも、△△ではないの??」

 

 

このように、

相手の意見をいったん受け入れてから

自分の考えを伝えるべきだったのです。

 

 

前者の言い方と比べて

かなり、受け入れやすいですよね。

 

 

自分の考えを受け入れてもらったことで

相手の考えも聞く気になるのです。

 

 

このように、

伝える内容はまったく同じでも

 

 

ちょっとした言い方次第で

相手への伝わり方はまったく違うものになります。

 

 

前者の言い方をしてしまうと、

次、何か頼みごとをする時に

受け入れてくれない可能性が高くなってしまうし

 

 

自分に対して、嫌悪感を抱くため、

仲良くなりたいとも思ってくれないでしょう。

 

 

逆に、後者の言い方をすれば、

「この人は客観的に物事を見れる人なんだ。」

と感じられ、相手からの信頼度が高まり、

 

 

意見を受け入れたことにより

自分に対して好意を抱いてくれるでしょう。

 

 

これぐらい、

「差」が出てしまうのです。

 

 

そして、何より、

僕たちが日常で

「相手に伝える機会」というのは

数えきれないほどあります。

 

 

毎回、先ほど紹介した

前者のような言い方をしていたらどうでしょう・・・

 

 

恐ろしくないですか(笑)

 

 

損、損、損の積み重ねです・・・

 

 

きっと、仲の良い友人はできず、

困っているときでも

周りの人は助けてくれないでしょう・・・

 

 

僕たち人間は身近なものほど

見落としがちになってしまいます。

 

 

ただ、

そういった身近なものほど重要なのです。

 

 

「人への伝え方」もその一つです。

 

 

だから、人に伝えるときは

「まず相手を認める、受け入れる。」

これを徹底的に意識してみてください。

 

 

相手が間違っていると思っても

まずは認めるのです。

 

 

認めてから、

自分の意見は○○なんだよね。と伝える。

 

 

これだけで、先ほど挙げた後者のように

信頼、そして相手からの好意を獲得し

会話も驚くほどスムーズになります。

 

 

ぜひ、明日から使ってみてください!

それではこの辺で(^^)/

 

P.S.

 

例で挙げた友人に

言い方を改めた方が良いように

伝えたんですが、

 

 

「そんなやばい?ダイジョブっしょ!」

みたいな感じで

 

 

あまり気にしている様子は

ありませんでした(笑)

 

 

やっぱり、他の人から言われても

自分で気づかなければ

変わらないのかなーと思います。

 

 

その点で言っても

まず相手の意見を受け入れるって大事ですね!

 無料電子書籍: 「サヴァンメモリアル~最短最速で成績を底上げする勉強法の秘密~」を読めます

 

僕は、もともと勉強が出来る方ではなく成績はいつも中間層、

スポーツもあまり得意ではなかったのです。

 

 

何かをするのにも、すぐに飽きてしまう、集中力が続かない、やる気がなくなる・・・

などなど1つのことを続けることが出来ない人間でした。

 

 

そんな僕ですが

『勉強法』を学んで、

 

 

なんの取り柄のない

ダメダメだった取り柄のない自分を180度変え、

 

 

人生を大きく変えることに成功しました。

 

 

インターハイ毎年出場の強豪部活に所属しながら

 学年トップクラスの評定4.6という成績を獲得するまでに

 成長することが出来ました。

 

 部活の疲労で授業はほとんど寝てしまい、

 毎回、部活が休みになるテスト1週間前からの

 勉強だったにも関わらず安定して学年トップクラスの成績を残すことが出来たのです。

 

 

僕がこれから、『勉強』で

悩んだり、くじけたりすることは

もうないのかなと思います。

 

 

 どんな分野でもライバルを圧倒して

コンスタントに結果を出すことが出来ると確信しています。 

 

 

これもすべて、

『勉強法』の重要性に気付けたおかげです。

 

 

毎回安定で学年トップクラスの成績を叩き出す人

短時間勉強で80点以上取ってしまう人・・・

社会に出てからも大活躍する人・・・

 

 

これらすべての人に共通している要素が

この「勉強法」です。

 

 

僕が実際に経験したことですが

正しい勉強法を学んでしまえば

短期間でテストの点数を上げることが出来てしまいます。

 

 

安定して学年トップクラスの成績を叩き出すことが出来てしまいます。

根本的な学力が身につき、社会に出ても大活躍することが出来ます。

 

 

僕が、どのようにして

ゼロから学力を底上げしたのか、

塾に通わずに1人で学年トップクラスの成績を残せるようになったのか。

その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

 

 

難しい言葉はなるべく使わずに

サクサク読める内容に仕上げています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

⇒「サヴァンメモリアル~【超効率・超生産】勉強法の秘密~」を読んでみる

 

LINEの友達登録をすることで見れます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

もしこの記事が役に立った!と思われましたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごくうれしいです。

(*´ω`*)