こんにちは、しゅんteaです。

 

 

本気で書きました。

2500文字を超えてます。

 

勉強を嫌々やっている、もしくは嫌々やっていた・・・

勉強をやる意味が分からない・・・

勉強がめんどくさい・・・

 

こういう人は非常にたくさんいると思います。

僕も小学校や中学校のころそういう考えでした。

 

なんで、勉強なんかするんだろう・・・

何に役立つの・・・

 

でも、学校の勉強はやらなくてはいけないし、

避けては通れない道なので

やるしかないのです。

 

例え、めんどくさいなーと思っていても。

 

 

僕もそういったうちの1人でした。

学校の勉強なんて何に役立つの??

って感じです。

 

 

そんなある日、

中学校のころの先生が言った言葉を今でも覚えています。

 

 中学校のときの先生が言った言葉・・・ 

 

今でもそのシーンを鮮明に覚えているのですが

 

1人の友達が勉強やる意味なくねー。と

言ったことをきっかけに、

教室がやがやした雰囲気になったんです。

 

その時に、先生は怒らずに

ある言葉を言ったんです。

 

「なあー、勉強をやる意味。みんなは何だと思う?」

 

「・・・・・・・・」

 

「勉強をするということは将来の

選択肢を広げるということなんだよ。

 

勉強しなければ

将来の選択肢は限りなく狭くなるし

 

 

一生懸命勉強を頑張れば

選択肢は広がるから

自分のやりたいことが変わっても

路線を変えることが出来る。」

 

その当時の僕にとってこの言葉は

頭をぶつけた時のような衝撃でした・・・

 

数学の計算とか、国語の読解とかは

将来、先生にならない限り

 

直接役に立たないなんてこと、

中学生にも、小学生にもわかっているんです。

 

しかし、その直接役に立たない「学校の勉強」

をすることによって将来の選択肢が広がる。

 

こう考えれば、何の意味もないと思っていた勉強が

「大きな意味を持つ」勉強になります。

 

しかし、なぜ学校の勉強をすることによって

将来の選択肢が広がるのでしょうか・・・

 

 

 「学校の勉強」が将来の選択肢を広げる理由・・・

 

頭が良ければ、頭の良い大学に行ける。

当たり前のことですよね。

 

そして、頭が良ければ、

それだけ選べる道が広がるということです。

 

例えば、医者や弁護士、パイロット、

学校の先生・・・

 

 

これらは頭が良い人だけが選択できるものです。

 

 

そして大企業への就職、

ホワイト企業への就職・・・

 

 

現代では『学歴フィルター』

というものがありますから

 

 

学力がなければ

こういったところに

行きたいと思っても行けないのです。

 

 

いままで勉強してこなかった人が

なろうと思ってすぐになれるものではないのです。

 

だから、頭が良いほど、

自分のやりたいことを

たくさんの選択肢の中から選ぶことができるということです。

 

僕はこれを知ってから一生懸命勉強し始めました。

その結果、成績は二桁から一桁になり、

 

学年で2位、3位、7位など

安定して学年トップクラスの成績を

叩き出すことが出来ました。

 

 

 勉強は結局やる気次第・・・  

 

 

勉強って結局やる気次第なんですよね。

だって、やればやるほど成績が伸びるものですから。

 

 

人によって習得できるまでの時間に

差はありますが

 

 

時間をかけて一生懸命やれば

ある程度の成績は出せるようになるのです。

 

スポーツなどと違って

勉強は唯一平等に勝負できるものです。

 

 

才能があるからって、何も勉強せずに

掛け算ができたり、漢字が書けたりできるように

なるわけないですよね(笑)

 

 

勉強して、やり方を覚えて

はじめてできるようになるわけです。

 

 

頭が良いか悪いかって後天的に決まるんです。

 

 

つまりやる気=勉強の頭の良さです。

 

 

勉強が必要だと思う人は

他の人から言われなくても

自分から寝る間を惜しんでまでやるし、

 

 

勉強は必要ないという人は

他の人から言われたとしても

やっている振りをするだけです。

 

 

勉強ができるかできないかってこれだけの違いなんです。

 

 

 学力は人生を限りなく拡張する 

 

 

今の時代、

ユーチューバーとして生活していたり

インスタグラマーと呼ばれる人も出てきました。

 

 

じゃあ勉強しなくても

そっちの道で頑張ればいいと思う人も

いるかもしれませんが、

 

 

これも最初に言ったように

『学力は選択肢を広げる』という事に繋がります。

 

 

別に学力が高いからと言って

医者とかエリートサラリーマンになる必要は

一切ないですよね。

 

エリートサラリーマン

兼ユーチューバーになっても全然良いんです。

 

職業はひとつと決まっていないので

2つ持っても良いわけです。

 

 

というか、学力がある人は

何をやってもほぼ確実に成功します。

なぜなら物事を極めるための力

勉強を通して習得しているからです。

 

 

ユーチューバーとしてやっていくにしても

勉強と同じように

どうやったら再生回数が上がるかとか

どうやったらチャンネル登録者が増えるか。

とか・・・

 

 

そういったことを考えることが出来るのです。

 

 

まとめると、

学力は職業の選択肢を限りなく広げるし、

それは職業に留まらず

 

 

人生までもを拡張します。

 

 

そう考えると

勉強って全ての基盤だよね。って話です。

 

 

これを読んだ瞬間から

思考が変革したと思うので

その思考を忘れずに取り組んでいってほしいと思います。

 

 

アウトプットすることで

どんどん自分の体に身についていくので

 

 

Twitterのリプ欄とかに

感想を頂けたら嬉しいです。

 

 

それではこの辺で!

 

 

 無料電子書籍: 「サヴァンメモリアル~最短最速で成績を底上げする勉強法の秘密~」を読めます

 

僕は、もともと勉強が出来る方ではなく成績はいつも中間層、

スポーツもあまり得意ではなかったのです。

 

 

何かをするのにも、すぐに飽きてしまう、集中力が続かない、やる気がなくなる・・・

などなど1つのことを続けることが出来ない人間でした。

 

 

そんな僕ですが

『勉強法』を学んで、

 

 

なんの取り柄のない

ダメダメだった取り柄のない自分を180度変え、

 

 

人生を大きく変えることに成功しました。

 

 

インターハイ毎年出場の強豪部活に所属しながら

 学年トップクラスの評定4.6という成績を獲得するまでに

 成長することが出来ました。

 

 部活の疲労で授業はほとんど寝てしまい、

 毎回、部活が休みになるテスト1週間前からの

 勉強だったにも関わらず安定して学年トップクラスの成績を残すことが出来たのです。

 

 

僕がこれから、『勉強』で

悩んだり、くじけたりすることは

もうないのかなと思います。

 

 

 どんな分野でもライバルを圧倒して

コンスタントに結果を出すことが出来ると確信しています。 

 

 

これもすべて、

『勉強法』の重要性に気付けたおかげです。

 

 

毎回安定で学年トップクラスの成績を叩き出す人

短時間勉強で80点以上取ってしまう人・・・

社会に出てからも大活躍する人・・・

 

 

これらすべての人に共通している要素が

この「勉強法」です。

 

 

僕が実際に経験したことですが

正しい勉強法を学んでしまえば

短期間でテストの点数を上げることが出来てしまいます。

 

 

安定して学年トップクラスの成績を叩き出すことが出来てしまいます。

根本的な学力が身につき、社会に出ても大活躍することが出来ます。

 

 

僕が、どのようにして

ゼロから学力を底上げしたのか、

塾に通わずに1人で学年トップクラスの成績を残せるようになったのか。

その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

 

 

難しい言葉はなるべく使わずに

サクサク読める内容に仕上げています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

⇒「サヴァンメモリアル~【超効率・超生産】勉強法の秘密~」を読んでみる

 

LINEの友達登録をすることで見れます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

もしこの記事が役に立った!と思われましたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごくうれしいです。

(*´ω`*)