こんにちは。しゅんteaです。

 

 

自分でいうのもなんですが

僕は他の人から、

 

 

興味を持たせるのが上手い、

話についつい聞き入ってしまうと

言われることが多いです。

 

 

他にも、頼んだことを

快く引き受けてくれたり。

困っているときに快く手伝ってくれたり。

 

 

自慢でも何でもないんですが

これは、自分で意図的に

『説得力』を向上させてきたからです。

 

 

コミュニケーションで大切なことは

『会話力』だと思われがちですが

 

 

実は、それと同じぐらい『説得力』は

大切です。

 

 

なぜなら伝え方次第で

つまらない話にもなるし、

前のめりになるほど面白い話にもなるからです。

 

 

つまらない話をしたいと思う人は

いないはずです。

 

 

みんな、面白い話、

興味をそそられるような話を

したいと思っています。

 

 

そこで今日は、

そもそも説得力とは何なのか。

 

 

どうすれば説得力を

向上させることができるのか

について話していきたいと思います。

 

 

 【語彙力を向上させる】たくさんの文字に触れる  

 

 

説得力を向上させるためには

まず、『語彙力』を向上させる必要があります。

 

 

話をかみ砕いてわかりやすく話をしたり、

 

 

人に合わせた

言葉の選択ができるようになるからです。

(この人にはこういう

伝え方をした方が伝わる。など・・・)

 

 

そして、語彙力を向上させるためには

文字に触れることが手っ取り早いです。

 

 

文字に触れることができる

最適の手段が本を読むことです。

 

 

ジャンルは何でも良いです。

 

 

小説でもいいし、

実用本でもいいし。

 

 

本を読むことで自然と知識がつき、

自分の思考が深化していきますが

 

 

それだけでなく、

必然的に新しい語句に触れるので、

語彙力がメキメキ向上していくんですね。

 

 

 

 

 たくさんの経験を積む  

 

 

もしかすると

今これを読んでいる人の中で

 

 

本を読むのがあまり好きではない

人もいるかもしれません。

 

 

そういう人に最適なのが

『経験を積む』ことです。

 

 

もちろん本を読むのが好きな人でも

同じく効果があります。

 

 

経験を積むことは『語彙力』を

向上させるとともに

 

 

『言葉』に重さを出すことも

可能になります。

 

 

例えばですが、

 

 

10歳の少年が

『学校の勉強はやりたくないならやらなくていい』

と言うのと、

 

 

『大企業に就職したものの

会社員生活に絶望して、自分で会社を立ち上げ

それも失敗して、でも諦めずに努力し続けて

最終的に年商3億円の会社の社長になった』

 

 

という「波乱万丈の人生を歩んできた

55歳の人」

 

 

が『学校の勉強はやりたくないならやらなくてもいい』

と言うのと。

 

 

どちらが言葉の重みを感じるでしょうか・・・

 

 

おそらく100人中100人が

後者の「55歳の人」だと思います。

 

 

これは何でかというと

後者の方が

『経験値が高いから』です。

 

 

しかも圧倒的にです。

 

 

10歳の人はおそらく

まだ社会の全体像も掴めていなく

知見もない状態です。

 

 

一方で55歳の人は

人生のどん底を経験し、

そこから這い上がるという

とてつもなく大きな経験をしています。

 

 

その過程で得た

経験値は莫大なものです。

 

 

 

もっと身近な例でいうと

会社で、

 

 

同い年に説教をされるのと

5歳年上の人に説教をされるのでは

 

 

どちらが説得力があるでしょうか。

 

 

5歳年上の人ですよね。

 

 

そっちの方が自分の中でも

納得できるはずです。

 

 

仮に同い年の人に説教をされたら

何だよ、同い年のくせに。となるはずです。

 

 

でもこの5歳年上の人が

自分より遅く

入社した人だったらどうでしょうか・・・

 

 

同い年の人と言っても

自分より4年早く入社した人だったら

どうでしょうか・・・

 

 

説得力の大きさは変動すると思います。

 

 

 

つまり、

説得力=経験値=言葉の重み

と表すことができます。

 

 

はじめに紹介した語彙力を向上させる

『本を読む』のも経験値に入ります。

 

 

そのほかにも、旅行をしたり。

1つの分野を学んだり。

 

 

実際に行動することで、

経験値というものは高まります。

 

 

考えているだけでは『知識』のままなのです。

 

 

やるかやらないか迷う事って

たくさんあると思うんです。

 

 

失敗したらやだなーとか。

無駄な時間を過ごしたらやだなーとか。

 

 

人はなるべく

リスクを取りたくない生き物です。

 

 

でも、行動して、

失敗することなんてまずないし、

それが無駄な時間になることも

ないんですよね・・・

 

 

必ずそこからは得るものがあるし、

これからの行動に活きます。

 

 

行動が経験として

自分の中に蓄積されていくんです。

 

 

だから迷ったら

行動してしまった方が良いです。

 

 

経験を積めば積むほど

言葉には重みが出ます。

 

 

それが結果として

説得力を向上させることに繋がり、

 

 

『人の心を動かす』ことに

繋がるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 無料電子書籍: 「サヴァンメモリアル~最短最速で成績を底上げする勉強法の秘密~」を読めます

 

僕は、もともと勉強が出来る方ではなく成績はいつも中間層、

スポーツもあまり得意ではなかったのです。

 

 

何かをするのにも、すぐに飽きてしまう、集中力が続かない、やる気がなくなる・・・

などなど1つのことを続けることが出来ない人間でした。

 

 

そんな僕ですが

『勉強法』を学んで、

 

 

なんの取り柄のない

ダメダメだった取り柄のない自分を180度変え、

 

 

人生を大きく変えることに成功しました。

 

 

インターハイ毎年出場の強豪部活に所属しながら

 学年トップクラスの評定4.6という成績を獲得するまでに

 成長することが出来ました。

 

 部活の疲労で授業はほとんど寝てしまい、

 毎回、部活が休みになるテスト1週間前からの

 勉強だったにも関わらず安定して学年トップクラスの成績を残すことが出来たのです。

 

 

僕がこれから、『勉強』で

悩んだり、くじけたりすることは

もうないのかなと思います。

 

 

 どんな分野でもライバルを圧倒して

コンスタントに結果を出すことが出来ると確信しています。 

 

 

これもすべて、

『勉強法』の重要性に気付けたおかげです。

 

 

毎回安定で学年トップクラスの成績を叩き出す人

短時間勉強で80点以上取ってしまう人・・・

社会に出てからも大活躍する人・・・

 

 

これらすべての人に共通している要素が

この「勉強法」です。

 

 

僕が実際に経験したことですが

正しい勉強法を学んでしまえば

短期間でテストの点数を上げることが出来てしまいます。

 

 

安定して学年トップクラスの成績を叩き出すことが出来てしまいます。

根本的な学力が身につき、社会に出ても大活躍することが出来ます。

 

 

僕が、どのようにして

ゼロから学力を底上げしたのか、

塾に通わずに1人で学年トップクラスの成績を残せるようになったのか。

その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

 

 

難しい言葉はなるべく使わずに

サクサク読める内容に仕上げています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

⇒「サヴァンメモリアル~【超効率・超生産】勉強法の秘密~」を読んでみる

 

LINEの友達登録をすることで見れます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

もしこの記事が役に立った!と思われましたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごくうれしいです。

(*´ω`*)