こんにちは、しゅんteaです。

僕はこれまでに

 

 

「本質的な」人間の幸せってなんだろうと

何度も考えて色んな情報を取り入れてきました。

 

 

皆さんは何だと思いますか??

 

 

幸せは幸せでも『本質的な』です。

 

 

幸せの根本、

幸せの土台、基盤になっているものです。

 

 

充実した人間関係?

経済的に豊かな暮らし??

時間に縛られない自由を満喫できる人生??

 

 

確かにこれらで合っています。

でもこれだけにフォーカスしすぎてしまうと

幸せから遠ざかるなんてことも起こりかねません。

 

 

そのため、これらよりも

もっと深層の部分。

 

 

本質を知らなければ、

自分の軸を定めることが出来ないのです。

 

 

今日は、幸せの根本について

お話していこうと思います。

 

 

 

 幸せから最も遠い場所⇒思考停止状態  

 

 

幸せから最も遠い場所。

それは『思考停止状態』です。

 

 

先ほど、本質を知らなければ

自分の軸を定めることが出来なく、

 

 

表面上は幸せそうに見えるが

本人は幸せに感じない。

みたいなことが起こってしまうと言いましたが、

 

 

例えば、時間に縛られない自由な暮らしが

出来たとして、

 

 

それが本当に幸せかどうか。

この境目は完全に

 

 

「思考が生きているか、停止しているか」です。

 

 

なぜなら、自由な暮らしを手に入れたとしても

思考が停止していれば、

 

 

人生を惰性に過ごして、

結局、何も得ることがないまま

ただただ時間が過ぎていってしまうからです。

 

 

じゃあ、思考が生きている人の

「自由な暮らし」も同じかというと

 

 

それは全く違うものになります。

これから、思考停止状態の人の『自由な暮らし』と

思考が生きている人の『自由な暮らし』について

 

 

お話していきます。

(あくまでもパターンの1つです)

 

 

ここで、ひとつ頭においていてほしいのが

どちらとも『自由な暮らし』を

手に入れているという事です。

 

 

表面的な条件は全く同じということです。

 

 

 

 『思考停止状態の人の自由な暮らし』

 

 

【起床11:00】

 

目覚めは悪く、

気分も晴れない朝。

特にこれと言ってやりたいこともない。

 

 

テキトーにご飯を食べて

またベッドに戻って

アニメを見たり、ユーチューブを見たり。

 

 

それが飽きたら、テレビゲームをして・・・

 

 

気付いたら、夕方になっていて

約束していた友達とご飯を食べに行く。

 

 

場所は遠いけど、毎日やることもないし

ちょうどいい暇つぶしだと思って

行くことにした。

 

 

明日も特にやることがないし

帰りは、友達3人を家に送り届けてあげた。

 

 

日付はとっくに変わっている。

 

 

このサイクルの繰り返し・・・

 

 

 『思考が生きている人』の自由な暮らし 

 

【起床7:30】

 

良い目覚めだ。

 

 

いつもの習慣である、

朝の小説読書1時間。

 

 

そのあとは、ご飯を食べて、

ピアノの練習をする。

 

 

自分が一番好きな曲を弾く。

良い曲だなー。

 

 

昨日新しく聴き始めた

サウンドトラックを弾けるように

練習していこう。

 

 

昼は、友達とご飯を食べた。

友達は今の仕事が充実していて

毎日、一生懸命頑張っているみたいだった。

 

 

自分も彼を見習って

もっとピアノを頑張って、

ピアノ教室でも開いてみようかな。

動画投稿してみても良いな。

 

 

帰った後は、ランニングをしに行った。

体を動かすと脳がリフレッシュされて

清々しい気持ちになる。

 

 

家に帰って、自炊をして

ご飯をつくった。

 

 

明日はどんな料理にしようかな・・・

 

 

毎日が新しい発見だ。

 

 

 【思考停止状態の人】と【思考が生きている人】の違い  

 

 

どうでしたか。少し極端に

感じる部分もあると思いますが

 

 

思考停止状態の人と、思考が生きている人の

違いは大体こんな感じです。

 

 

皆さんはどちらの生活を

送りたいと思いましたか??

 

 

おそらく全員が後者の【思考が生きている人】

の生活を送りたいと思ったはずです。

 

 

というか、「時間に縛られない生活」を

イメージしたら、後者の生活に近いような

映像が思い浮かぶと思います。

 

 

ここまででなんとなく分かったと思いますが

単に「時間に縛られない生活」でも、

 

本質部分、表層からもっと奥深くの部分を

覗くと、これだけの差があるのです。

 

 

まず、前者は、生活の中で考えることが

一切ありませんから

 

 

感情がどんどんなくなっていってしまいます。

 

 

さらに、やりたいことを知らないから、

探そうともしないから、

 

 

必然的に惰性的な生活を送ってしまうのです。

ようするに毎日をだらだらと過ごしてしまうのです。

時間をただただ消耗する毎日です。

 

 

結果的に人と関わっても、

人から良いように使われてしまったり・・・

悪い言葉でいうと利用されてしまったりするのです。

 

 

最終的には、

「自由な生活ってなんてつまらないんだろう・・・」

って思うはずです。

 

 

 

それに比べて思考が生きてる人は

時間を有意義に使うことができます。

 

 

自分の成長に時間を投資し、

人との関わりを大切にし、

感情溢れる毎日を過ごすことができます。

 

 

だから、自由な生活に飽きることはないです。

時間を消耗することはないからです。

 

 

自分を主人公にして

人生を送ることができるのです。

 

 

これは、『時間的に縛られない生活』以外でも

 

 

はじめの方で紹介した

『経済的に豊かな生活』でも

「充実した人間関係」でも

 

 

当てはまります。

まったく同じことです。

 

 

表層部分が同じでも、

深層部分の

「思考が停止しているか、生きているか。」で

 

 

非常に大きい差が生まれてしまうという事です。

 

 

 

 僕たち人間の幸せの本質。それは『思考すること』である。 

 

 

そのため、僕たちは

思考し続けることができる人間

目指さなければいけません。

 

 

誰しもが幸せになりたいと思っていますから、

 

 

「充実した人間関係」「経済的に豊かな生活」

「時間的に自由な生活」

 

 

このような

表層の幸せを目指すのは当然です。

 

 

ただ、その目標が現実となったとき、

箱を開けてみたら、つまらないものだったと

ならないようにするために

 

 

表層よりももっと奥深くにある

 

 

『思考力』が最も重要な要素になるんです。

 

 

『思考力』が大きなカギを握っているんです。

 

 

すごく大切な事なので2回言いました。

 

 

 幸せの本質。まとめ。  

 

 

まとめると、幸せから最も遠い場所とは

「思考停止状態」のことです。

 

 

そして、幸せの本質とは

「思考する」ことです。

 

 

幸せとは物理的に

恵まれた人が手にするものではないということです。

 

 

幸せな人間は必ず

思考することをやめないです。

 

 

必ず思考し続けています。

 

 

時々、テレビで

超忙しい毎日だけど幸せだという

人を取り上げたりしています。

 

 

なぜ彼らは自ら

多忙な生活に飛び込んでいって

それを継続しているのでしょうか・・・

 

 

それは

 

 

「思考すること」が自分の

人生の大きな財産に繋がり、

 

 

『幸せ』に繋がるという事を

 

 

 

現在進行形で実感しているから

ではないでしょうか・・・

 

 

 

つまり、思考力の正体の1つが

『幸せ』であるという事です。

 

 

 

 無料電子書籍: 「サヴァンメモリアル~最短最速で成績を底上げする勉強法の秘密~」を読めます

 

僕は、もともと勉強が出来る方ではなく成績はいつも中間層、

スポーツもあまり得意ではなかったのです。

 

 

何かをするのにも、すぐに飽きてしまう、集中力が続かない、やる気がなくなる・・・

などなど1つのことを続けることが出来ない人間でした。

 

 

そんな僕ですが

『勉強法』を学んで、

 

 

なんの取り柄のない

ダメダメだった取り柄のない自分を180度変え、

 

 

人生を大きく変えることに成功しました。

 

 

インターハイ毎年出場の強豪部活に所属しながら

 学年トップクラスの評定4.6という成績を獲得するまでに

 成長することが出来ました。

 

 部活の疲労で授業はほとんど寝てしまい、

 毎回、部活が休みになるテスト1週間前からの

 勉強だったにも関わらず安定して学年トップクラスの成績を残すことが出来たのです。

 

 

僕がこれから、『勉強』で

悩んだり、くじけたりすることは

もうないのかなと思います。

 

 

 どんな分野でもライバルを圧倒して

コンスタントに結果を出すことが出来ると確信しています。 

 

 

これもすべて、

『勉強法』の重要性に気付けたおかげです。

 

 

毎回安定で学年トップクラスの成績を叩き出す人

短時間勉強で80点以上取ってしまう人・・・

社会に出てからも大活躍する人・・・

 

 

これらすべての人に共通している要素が

この「勉強法」です。

 

 

僕が実際に経験したことですが

正しい勉強法を学んでしまえば

短期間でテストの点数を上げることが出来てしまいます。

 

 

安定して学年トップクラスの成績を叩き出すことが出来てしまいます。

根本的な学力が身につき、社会に出ても大活躍することが出来ます。

 

 

僕が、どのようにして

ゼロから学力を底上げしたのか、

塾に通わずに1人で学年トップクラスの成績を残せるようになったのか。

その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

 

 

難しい言葉はなるべく使わずに

サクサク読める内容に仕上げています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

⇒「サヴァンメモリアル~【超効率・超生産】勉強法の秘密~」を読んでみる

 

LINEの友達登録をすることで見れます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

もしこの記事が役に立った!と思われましたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごくうれしいです。

(*´ω`*)