こんにちは。しゅんteaです。

 

僕たちは、普段

一般的な人と比べ超越したスキル・能力を

持っている人のことを

 

 

「才能がある。」

「天才だ。」   

 

 

などど総称しています。

 

 

僕も以前まで、自分より飛びぬけた能力を

持っている人のことを

 

 

「あの人は才能があるんだな。」とか

 

 

自分には理解できない、干渉すらできない人のことを

「あの人は本当に天才なんだ・・・」と

 

 

それだけで簡単に終わらせていました。

 

 

しかし、あるとき僕は疑問に感じました。

 

 

僕たちが普段から

「才能がある」「天才だ」と一目置く存在の人たちは

 

 

生まれたときから、

その能力・スキルを持っていたのか?と・・・

 

 

今日は、『才能』とは何なのか。

 

 

才能とは生まれつきなもので

後から身につけることはできないのか。

 

 

これをテーマにお話していきたいと思います。

 

 

 『才能』=「可能性」×「圧倒的な継続」 

 

 

 

結論から言ってしまうと

才能とは、先天的なものではありません。

 

 

スタートは、みんな同じなのです。

生まれて泣くところからスタートするんです。

 

 

つまり、才能とは後天的に

身についていくものです。

 

 

例えば、天才的なピアニストがいたとして。

 

 

果たして、その人はピアノを触った瞬間から、

他人の心を震わせるような演奏をできたでしょうか。

 

 

絶対にできないです。

 

 

最初は、ドがどこだかもわからないし

楽譜を見ても、何が何だかわからないです。

 

 

でも、わからなくても、

うまく出来なくても

 

 

他の人の何倍も努力をし、

他の人が挫折してもなお続けたことで、

 

 

誰もが魅了されるような

天才ピアニストになったのです。

 

 

これは他でも同じことです。

 

 

例えば、ユーチューバーで

有名なヒカキンさん。

 

 

今の彼の動画と、

動画投稿を始めたころの

彼の動画を見比べてみてください。

 

 

スポーツをやっていた人は

自分の記憶を辿ってみてください。

 

 

初めから、自分が思うように

プレー出来ましたか??

 

 

初めからできる人なんていないです。

プロ選手でも同じです。

 

 

 才能=レベル上げ。初めはスライム狩りで良い。  

 

 

才能は、ゲームと

まったく同じことです。

 

 

僕たちがいきなり、

すごいスキル・能力を身につけるという事は

 

 

ゲームを始めてすぐに

ラスボスを倒すようなものです。

 

 

実際、それは無理ですよね。

 

 

ラスボスどころか、倒せるモンスターと言ったら

はじめは、スライムぐらいしかいません。

 

 

それぐらい、最初は何にもできないものです。

 

 

でも、スライムを何匹も倒してレベルが上がり、

余裕になってきて、

 

 

スライムより少し強いモンスターで

レベル上げをして・・・

 

 

気が付いたら、

ラスボスを倒せるレベルになっています。

 

 

あくまでも、スタートは

スライムと同等なレベルだったという事を

忘れてはいけません。

 

 

キャラクターのレベルは

突然一気に上がったわけではなく、

 

 

地道に、継続して、着実に

上がったという事もです。

 

 

才能とはまさにこれです。

 

 

 

フランスの作家モーパッサンも

こう言っています。

 

 

「才能とは継続する情熱のことである。」

 

 

 ラスボスが倒せるようになるまで自分のスキルを磨く・・・ 

 

 

はじめは、スライムしか倒せないような

スキル・能力で当たり前なんです。

 

 

戦士でも、僧侶でも、賢者でも。

どの職業を選んでもそれは変わりないです。

 

 

大切なことは、

その能力・スキルを

ラスボスを倒せるようになるまで

レベル上げし続けることができるかどうか。

 

 

 

才能の本質は

 

 

『情熱』『継続力』

 

 

この2つです。

 

 

 

「継続は才能なり」です。

 

 

何かひとつでも日常の中で

「継続」するものを作ってみてください。

 

 

必ず、見えてくるものがあるはずです。

 

 無料電子書籍: 「サヴァンメモリアル~最短最速で成績を底上げする勉強法の秘密~」を読めます

 

僕は、もともと勉強が出来る方ではなく成績はいつも中間層、

スポーツもあまり得意ではなかったのです。

 

 

何かをするのにも、すぐに飽きてしまう、集中力が続かない、やる気がなくなる・・・

などなど1つのことを続けることが出来ない人間でした。

 

 

そんな僕ですが

『勉強法』を学んで、

 

 

なんの取り柄のない

ダメダメだった取り柄のない自分を180度変え、

 

 

人生を大きく変えることに成功しました。

 

 

インターハイ毎年出場の強豪部活に所属しながら

 学年トップクラスの評定4.6という成績を獲得するまでに

 成長することが出来ました。

 

 部活の疲労で授業はほとんど寝てしまい、

 毎回、部活が休みになるテスト1週間前からの

 勉強だったにも関わらず安定して学年トップクラスの成績を残すことが出来たのです。

 

 

僕がこれから、『勉強』で

悩んだり、くじけたりすることは

もうないのかなと思います。

 

 

 どんな分野でもライバルを圧倒して

コンスタントに結果を出すことが出来ると確信しています。 

 

 

これもすべて、

『勉強法』の重要性に気付けたおかげです。

 

 

毎回安定で学年トップクラスの成績を叩き出す人

短時間勉強で80点以上取ってしまう人・・・

社会に出てからも大活躍する人・・・

 

 

これらすべての人に共通している要素が

この「勉強法」です。

 

 

僕が実際に経験したことですが

正しい勉強法を学んでしまえば

短期間でテストの点数を上げることが出来てしまいます。

 

 

安定して学年トップクラスの成績を叩き出すことが出来てしまいます。

根本的な学力が身につき、社会に出ても大活躍することが出来ます。

 

 

僕が、どのようにして

ゼロから学力を底上げしたのか、

塾に通わずに1人で学年トップクラスの成績を残せるようになったのか。

その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

 

 

難しい言葉はなるべく使わずに

サクサク読める内容に仕上げています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

⇒「サヴァンメモリアル~【超効率・超生産】勉強法の秘密~」を読んでみる

 

LINEの友達登録をすることで見れます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

もしこの記事が役に立った!と思われましたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごくうれしいです。

(*´ω`*)