こんにちは。しゅんteaです。

 

5月病の延長なのか、

最近は、なかなか朝起きれなく

 

 

起きても2度寝、3度寝をしてしまいます。

日中もやる気があんまり出なかったり・・・

 

 

気温が高く、蒸し暑いのも原因だと

思ったのですが、

 

 

僕は、まず「睡眠」を

見直してみようと思いました。

 

 

僕の場合は、7時間前後寝ているので

時間には問題ないと思ったんですが

 

 

目覚めが悪いので

目が覚めた時の行動に

問題があるんじゃないかなーと思いました。

 

 

以前は目覚ましとして起きたときに

BGMを流していたんですが、

 

 

余計眠くなって

二度寝を促進していました(笑)

 

 

そこで目覚めについて

いろいろ情報収集をしてみました。

 

 

 

 目覚めを良くする方法  

 

 

けっこー簡単にできて、

かつ効果があったのは、起きたときに

 

 

「体を動かす」ことです。

 

 

いつも僕は、朝起きたときに

頑張って起きようとするのですが

 

 

結局、眠気に負けて

また寝に入ってしまいます。

 

 

そこで、起きたときに

体を動かすんです。

 

 

小学校のとき、

夏休みに町のどこかに集まって

「ラジオ体操」をしていたのを覚えてませんか??

 

 

懐かしいですね~。

朝起きて、眠い中でラジオ体操に向かって

渋々やって・・・

 

 

でも、終わった後は目覚めスッキリ!だったのを

いまだに覚えています。

 

 

まあそれは置いといて。

ラジオ体操まで動く必要はないんです。

 

 

ヨガだったり、ストレッチだったり。

 

 

それすらもできないって人は、

まず足と手をグーっと伸ばして

手足の指を閉じて開いてを繰り返したり。

 

 

手足をパタパタしてみたり・・・

 

 

こうやって体を動かすのが

すごい効果的なんですよね(笑)

 

 

実際に試してみるとわかります。

 

 

僕の場合は、

まず、手足をグーって伸ばしてから

手足の指を閉じたり、開いたりします。

 

 

そうして何とか起きれるようになったら

ストレッチを始めます。

 

 

そうして体を動かしていくと

副交感神経から交感神経へと優位が変わっていくので

 

 

心身共に覚醒するのを感じることができます。

 

 

なかなか起きれないというのは

ここに原因があるのです。

 

 

体を動かす目的は

「交感神経」を優位にさせることです。

 

 

これだけで

今までだるいなーという気持ちで

起きていたのに、

 

 

心身共にスッキリした

心地よい朝を迎えられるようになりました。

 

 

しかも、良い目覚めの恩恵は

これだけではありません。

 

 

良い目覚めは、1日の生産性まで

底上げしてくれるのです。

 

 

 良い目覚めは1日の最高のスタートダッシュ  

 

 

良い目覚めを迎えることの

恩恵はとてつもなく大きいです。

 

 

目覚めが良いと

色んなことに対してやる気が出てくるし、

 

 

今日はなんか上手くいくぞ。と

色んな事が上手くいくようになります。

 

 

脳が覚醒した状態で

1日をスタートできるからです。

 

 

100m走で

目覚めが良い人は最高のスタートダッシュを決めて

日中もその勢いに任せて

すごいスピードで進み続けることができますが

 

 

目覚めが悪い人は、

スタートでのそのそと歩き出し、

そのまま1日を終えてしまいます。

 

 

途中から走ろうと思っても

走ろうと決断しない限り歩き続けてしまいます。

途中から走り出すのは難しいんです。

 

 

前者の方が長い距離を早い時間で

走っていますよね。

 

 

このように、

良い目覚めは1日の充実度を高め、

生産性を底上げしてくれるのです。

 

 

『目覚め』で1日が決まる

と言っても過言ではないのです。

 

 

ぜひ、みなさんも最高のスタートダッシュを決めて

充実した1日を過ごしましょう!!

 

 

 

 

 

 無料電子書籍: 「サヴァンメモリアル~最短最速で成績を底上げする勉強法の秘密~」を読めます

 

僕は、もともと勉強が出来る方ではなく成績はいつも中間層、

スポーツもあまり得意ではなかったのです。

 

 

何かをするのにも、すぐに飽きてしまう、集中力が続かない、やる気がなくなる・・・

などなど1つのことを続けることが出来ない人間でした。

 

 

そんな僕ですが

『勉強法』を学んで、

 

 

なんの取り柄のない

ダメダメだった取り柄のない自分を180度変え、

 

 

人生を大きく変えることに成功しました。

 

 

インターハイ毎年出場の強豪部活に所属しながら

 学年トップクラスの評定4.6という成績を獲得するまでに

 成長することが出来ました。

 

 部活の疲労で授業はほとんど寝てしまい、

 毎回、部活が休みになるテスト1週間前からの

 勉強だったにも関わらず安定して学年トップクラスの成績を残すことが出来たのです。

 

 

僕がこれから、『勉強』で

悩んだり、くじけたりすることは

もうないのかなと思います。

 

 

 どんな分野でもライバルを圧倒して

コンスタントに結果を出すことが出来ると確信しています。 

 

 

これもすべて、

『勉強法』の重要性に気付けたおかげです。

 

 

毎回安定で学年トップクラスの成績を叩き出す人

短時間勉強で80点以上取ってしまう人・・・

社会に出てからも大活躍する人・・・

 

 

これらすべての人に共通している要素が

この「勉強法」です。

 

 

僕が実際に経験したことですが

正しい勉強法を学んでしまえば

短期間でテストの点数を上げることが出来てしまいます。

 

 

安定して学年トップクラスの成績を叩き出すことが出来てしまいます。

根本的な学力が身につき、社会に出ても大活躍することが出来ます。

 

 

僕が、どのようにして

ゼロから学力を底上げしたのか、

塾に通わずに1人で学年トップクラスの成績を残せるようになったのか。

その成功体験を1つの書籍にまとめてみました。

 

 

難しい言葉はなるべく使わずに

サクサク読める内容に仕上げています。

もし興味があれば読んでみてください。

 

 

⇒「サヴァンメモリアル~【超効率・超生産】勉強法の秘密~」を読んでみる

 

LINEの友達登録をすることで見れます。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

もしこの記事が役に立った!と思われましたら、

SNS等でシェアしていただけるとすごくうれしいです。

(*´ω`*)